セイラビリティ越谷

 ユニバーサルデザインのヨット「ハンザディンギー」では、ちいさな子供からシルバー世代、いろいろなハンディキャップが有っても、誰もが風や水を感じられる。  そんな素敵な体験の中から、自然や人との繋がりの大切さを地域に広げていきたいと思います。~~~~~~~~~~Sailability KOSHIGAYA since2010

 B&G財団とは、ブルーシー・アンド・グリーンランドの略で「綺麗な海と緑の大地」を表わします。水辺と大地での活動から、国民の「心と体の健康づくり」を推進している公益財団法人です。 施設づくり、人づくり、繋がりづくりとインクルーシブ社会の実現のために、公益性の ...

 当方の活動が、毎日新聞(令和3.1.10発行)に掲載されました。 越谷レイクやディンギーパーク、セイラビリティ越谷の活動についてです。今後のB&Gの事業や可動式リフトについても、併せて紹介されています。 レイクタウン地区は環境特区として世界で金賞(リブコ ...

  本年もよろしくお願い致します。 水辺のコミュニティーによって人々の繋がりを絶やさないために、コロナ対策しつつ、障がい者支援や青少年育成活動を続けて行きたいと考えています。 車椅子の方などの乗降に使う可動式リフトの作成、B&Gの支援で青少年健全育成事業な ...

 本年は、ディンギーパークをはじめセイラビリティ越谷の活動において、お世話に成り有難うございました。 昨年暮れから始まったコロナ感染。今年の活動は、感染拡大により自粛を余儀なくされ、開催出来なったイベントや講演会なども多く有りました。 2020のオリパラ ...

 令和2年12月12日(土)に南越谷地区センターで予定していた講習会「健幸・華齢スマートライフのすすめ」が、急遽中止となりました。 コロナ前より準備し、先月から詰めのミーティングを各所と行っていきました。 しかし、最終的にはコロナ感染拡大の懸念が大きくなっている ...

R2.11.29(日) 準備中に毎日新聞社が、「正月の新聞ネタに!」と写真撮影に入りました。年明けの新聞でレイクタウンがどんな形で紹介されるのか楽しみです。江の島ピッコラくらぶのYさん  ディンギーパーク2020最終日は、ハンザディンギー15回の出艇が有り、参加 ...

 NPO法人セイラビリティ越谷では埼玉県の「川の国応援団」に所属し、レイクの環境維持活動(定期的な草刈りやごみ拾い等の清掃活動)をボランティアで行っております。 草刈りでは、主にまちづくり館・ポンツー周辺の芝生やレイク歩道沿いに掛けて、周辺住民と共に協力して ...

R2.11.7(土) 8(日) 越谷レイクレイクタウン ゆるトライアスロン ディンギーパークに、越谷技博(ワザハク)のレイクタウンゆるトライアスロン(軽めのトライアスロン)がやってきました。 未来塾の関係者の協力により、レイク活用の可能性を探るイベントです。その中のメ ...

R2.10.31(土)越谷レイク ハロウィーン ヨットエイドからの視察 レイクタウン北自治会 ポンツーン(浮桟橋)のゲートやテント装飾をメンバーYさんの奥様にしていただきました。 トリック オア トリート!!のお菓子は、お煎餅のプレゼントを2社(銘菓「越谷ふ ...

 例年10月末で終了のディンギーパークですが、今年度はコロナ感染拡大の影響でスタートが遅れた為、11月末までの土・日・祝の開催と成りました。 少し涼しくなり、秋風の気持ち良い季節・・・・ レイクの風に吹かれ、湖上散歩は如何ですか? ...

↑このページのトップヘ